効率的なカリキュラムや渋谷駅から徒歩約5分の立地を活かし、学びやすい環境を整えています。

夜間に学ぶ3つのポイント

Point 1

幅広い年齢層

Point 2

充実した講師陣

Point 3

アクセス抜群

Point 1幅広い年齢層

夜間は、日中会社勤めされている方、鍼灸院等で研修している方や主婦の方など、意欲の高い幅広い年齢層の方々が落ち着いた環境の中で学んでいます。

Point 2充実した講師陣

第1部(昼間部)と変わらない講師陣で、経験豊富なスペシャリスト(鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師、医師など)が現場につながる教育を実践しています。講義だけでなく、学生生活のサポートも行なう専任教員も充実しています。

Point 3アクセス抜群

渋谷駅はJRの各線、京王井の頭線、東急および東京メトロなど4社の路線が乗り入れるターミナル駅です。その渋谷駅から徒歩5分と近く、18時からの授業にも無理なく通学することが可能です。

夜間で学べる学科

第1部(昼間部)と変わらない講師陣や環境のなか、
国家試験受験資格が得られます。

学校名 日本鍼灸理療専門学校 日本柔道整復専門学校
学 科 本科 第2部(夜間部) 専科 第2部(夜間部) 柔道整復科 第2部(夜間部)
定 員 60名 30名 60名
修業年限 3年 3年 3年
授業時間 月〜金 18:00~21:10
土 15:00~21:10
月〜土
18:00~21:10
月〜土
18:00~21:10

※上記以外の時間に実習授業等が行われる場合がありますので、ご了承ください。

学費昼間部と夜間部の違い

夜間の時間帯(第2部)に学ぶ方は、第1部に比べ入学金が20万円減額されます。(専科・柔道整復科のみ)

日本鍼灸理療専門学校 日本柔道整復専門学校
学科 本科 専科 柔道整復科
3年間の
学費合計
第1部(昼間部)
第2部(夜間部)
445万円
第1部(昼間部)
375万円
第1部(昼間部)
417万円
第2部(夜間部)
355万円
第2部(夜間部)
395万円
第1部
(昼間部)との
学費差額
0円 20万円 20万円

※上記のほかに、教科書代などの教材代として100,000円程度が必要です。

在校生・卒業生の声

在校生・卒業生に学校生活についてインタビューしました。

  • 柳沢 桃香さん
  • 専科 第2部(夜間部)
1 DAY SCHEDULE
7:00-9:00起床・通勤
9:00-17:00仕事(事務職)
17:00-18:00移動
18:00-21:10授業
21:10-25:00移動・自由時間
この道に進むきっかけを教えてください
ひざの悪い祖母を見ていて、体の痛みがなくなりもっとできる事が増えたら、祖母の暮らしはどれだけ豊かになるだろう。その為に自分には何ができるだろうと、ずっと考えていました。人に寄り添い、生活の質を向上させることができる東洋医学に興味を持ち、しっかり学んでみようと思いました。
日本鍼灸理療専門学校に進学した理由を教えてください
仕事との両立を考え、渋谷駅から徒歩圏内というアクセスの良さが決め手となりました。 また説明会の際、学校の雰囲気が良かったことと、その時出会った卒業生の方に大変良くしていただいたことが決め手となりました。
第2部(夜間部)に進学した理由を教えてください
事務職として平日は17時まで勤務しており、第2部(夜間部)への進学となりました。
学費・生活費をどのようにして工面していますか?
現在の仕事での収入と今までの貯蓄を切り崩して、学費・生活費を工面しています。働きながら進学するため、入学時に同じ事務職で勉強との両立が可能な会社へ転職しました。
花田学園に入学してから、ご自身で変わったと感じるところはありますか?
苦手な勉強も楽しみながら取り組めているところです。多彩な知識やバックグラウンドを持つ先生が多いので、分からない事は各分野のエキスパートにすぐ聞く事ができます。またお話を聞くだけでも楽しく大変為になります。
卒業後の希望進路についてお聞かせください
世界中の人の人生をより豊かにするため、海外へ渡り、鍼灸の力でさまざまな国籍や業界の方々に変化を実感し感動を与えることができるセラピストを目指します。
  • 井上 肇さん
  • 本科 第2部(夜間部)
1 DAY SCHEDULE
6:00-8:00起床・通勤
8:00-16:30鍼灸接骨院で研修
16:30-18:00移動
18:00-21:10授業
21:10-24:00移動・自由時間
この道に進むきっかけを教えてください
私は柔道整復師として働いています。勤務先には鍼灸師として活躍されている先輩もおり、その姿を見て鍼灸、東洋医学への関心が高まったことがきっかけです。
日本鍼灸理療専門学校に進学した理由を教えてください
臨床現場で経験を積みつつ、国家試験の知識を身につけられる環境が整っているからです。また、3年間で鍼灸師だけでなくあん摩マッサージ指圧師の資格も同時にとれるからです。
第2部(夜間部)に進学した理由を教えてください
夜間部では仕事をしながら資格を目指すことができ、日本鍼灸理療専門学校は卒業してすぐに臨床の場で活躍できる技術と知識を身につける事ができるからです。
学費・生活費をどのようにして工面していますか?
両親からの支援もありますが、奨学金や仕事での収入で学費・生活費を工面しています。また成績上位をキープし、今後も授業料の減免を狙っていきたいです。
花田学園に入学してから、ご自身で変わったと感じるところはありますか?
国家試験の勉強だけでなく、治療に関わる勉強もしようと思うようになりました。授業では実際の臨床現場での事を話してくださる機会もあり、東洋医学はとても奥が深く、様々な考え方があると学びました。自分の治療スタイルを確立して、より質の高い施術が出来るようになりたいです。
卒業後の希望進路についてお聞かせください
柔道整復師の資格を活かすのはもちろん、鍼灸あん摩マッサージ指圧師の資格も活かして、幅広い知識と技術で、1人でも多くの患者さんに笑顔になってもらえるような治療家を目指しています。
  • 西應 唯花さん
  • 柔道整復科 第2部(夜間部)
1 DAY SCHEDULE
6:00-9:00起床・通勤
9:00-12:15授業
12:15-12:45休憩
12:45-14:00研究班
14:00-18:00包帯実習・自習
18:00-21:10授業
21:10-24:00移動・自由時間
この道に進むきっかけを教えてください

開業しながら自転車ロードレースに携わっている花田学園の卒業生がおり、その方から鍼灸・柔道整復の素晴らしさを教えていただき、自分も目指したいと思うようになったからです。

日本柔道整復専門学校・日本鍼灸理療専門学校に進学した理由を教えてください

卒業生から教科書よりも実践的な話を聞くことができ、臨床経験が豊富な先生方の授業を受けられると聞いていたからです。

日本鍼灸理療専門学校 本科 第1部とWスクールしていますが、Wスクールで学ぼうと決めた理由を教えてください

年齢的にも早く卒業し、早く現場に出たいと思ったからです。また、3年間勉強だけに集中することができるからです。

学費・生活費をどのようにして工面していますか?

今までの貯蓄や専門実践教育訓練の給付金で賄っています。また、本科と柔道整復科で成績上位を目指し、学費の一部免除を目標に頑張っています。

花田学園に入学してから、ご自身で変わったと感じるところはありますか?
自分や周りの人の体に興味を持つようになったこと、家族へのマッサージも楽しくなったことです。
卒業後の希望進路についてお聞かせください

自転車ロードレースのマッサージャーになりたいと考えています。帯同したチームを世界最速にすることが目標です。

  • 池谷 章子さん
  • 柔道整復科 第2部(夜間部) 卒業
    田渕整形外科クリニック 勤務
1 DAY SCHEDULE
6:00-7:30起床・通勤
7:30-18:30整形外科に勤務
18:30-19:30移動
19:30-23:00家事
23:00-24:00自由時間
この道に進むきっかけを教えてください
出身大学のラクロス部にてアシスタントコーチをしていた時に、チームに帯同していたトレーナーの仕事ぶりを見たことがきっかけです。自分の利益等を顧みることなく、ただ純粋に目標に向かって頑張る人を応援できる仕事に魅力を感じ、この道に進みました。
第2部(夜間部)に進学した理由を教えてください
学費を工面するため、また少しでも多く現場での経験を積むため、より勤務時間を長く取れる第2部(夜間部)に進学しました。
入学前の仕事は何をしていましたか?
IT系の会社で営業として働いていました。主に企業向けにネットワーク構築、インフラ設備改善等の提案を行っていました。
学生時代、昼間はどのように過ごしていましたか?
整形外科で研修をしていました。担任の先生に紹介して頂きました。
学費・生活費をどのようにして工面していましたか?
1人暮らしをやめて実家暮らしにすることで生活費を節約し、会社員の時に貯めていた貯金を切り崩すことで学費を工面していました。また、定期試験にて成績上位を目指し、学費の一部免除を狙っていました。
今の仕事のやりがいについてお聞かせください
患者様が初めて来院されたときは、怪我の痛みで表情が暗かったのが、適切な処置を行い、徐々に怪我が治っていくのと同時に笑顔になっていくのを見るのがとても嬉しく、やりがいを感じます。
今後の抱負についてお聞かせください
1人でも多くの患者様を笑顔にし、信頼されるような治療家を目指したいと思います。そのために、常に謙虚な姿勢を忘れず真摯に学び続け、様々な知識、技量を身につけていきたいと思います。