日本柔道整復専門学校JUDO THERAPIST

本校では、骨折や捻挫などの外傷ケアの専門家である柔道整復師を育成します。
日本古来の武術「柔術」における怪我の手当てから発展してきた柔道整復術。
その技と心を、経験豊かな教授陣が指導します。

柔道整復科

柔道整復師の国家試験受験資格

学 科 定 員 修業年限 曜 日 授業時間
第1部(昼間部) 60名 3年 月〜土 9:00~12:15
第2部(夜間部) 60名 3年 月〜土 18:00~21:10

※上記以外の時間に、臨床実習等を行います。

INTERVIEW
学生インタビュー
学校での生活をご紹介

ANRI IBUKI
伊吹 あんり
第1部(昼間部)

私の将来の夢は接骨院を開業し、スポーツトレーナーとしても活動することです。スポーツトレーナーとして活躍するためには、柔道整復の国家資格を取得した方が有利だと思い、また附帯教育でアスレティックトレーナー専攻科がある花田学園に入学しました。
印象に残っている授業は、柔道整復実技(包帯実技)です。初めて包帯の巻き直しをした時は上手く巻くことが出来ず苦戦しましたが、回数を重ねる度に上達していくのがよく分かる授業でした。
普段は、授業終了後からアルバイトが始まるまでの時間を使い、授業の復習をしています。医療従事者になるという意識を持ちながら授業を受けるとともに、毎日継続して予習・復習をするよう心掛けながら学生生活を送っています。

SHOTA SUZUKI
鈴木 翔大
第2部(夜間部)

元々バスケをしていて、その中で怪我が多く整骨院にお世話になっていてそこでお世話になっていくなかで柔道整復師というものに惹かれていきました。
お世話になっていた整骨院の院長の紹介で知り、実際に見学に来て、他校と比較して一番自分に合うのはここだと思い志望しました。
花田学園の魅力は、整骨院や整形などの実務の経験の多い先生方がたくさんいるため現場での話をまじえながらの授業なのでイメージがしやすいところです。
スポーツにより近くで関わっていたいのでトレーナーになることを目指しています。