学校ニュース

2019年2月7日

〈日本柔道整復専門学校〉卒後臨床講座を開催しました!

 1月26日・2月2日の2週にわたり、土曜日の17時より2時間、講師に東京有明医療大学より小山浩司准教授をお招きして「超音波画像診断装置の理論と実際」と題し、卒後臨床講座を開催しました。

 両日とも15名程度の卒業生が参加し、1月26日は基礎的な理論を学んだうえで、実際に機械を操作して、指・肘・肩の描出を行いました。2月2日は前回の復習に始まり、足部・アキレス腱・膝・大腿部の描出も行いました。グループ分けをし、少人数で1台の機械を使い、またグループごとにチューターがついたおかげで質問もしやすく、卒業生は終始和やかな雰囲気で参加されていました。

 参加いただいた卒業生の皆さん、お疲れさまでした。卒年は違えども同じ仕事に携わるものが集まり、交流することができる良い機会となりました。これからも継続して開催したいと思いますので、また卒業生の皆さんとお会いできることを楽しみにしております。