学校ニュース

2016年9月27日

平成28年度 日本鍼灸理療専門学校同窓会主催 学術講演会が開催されました!!

 平成28年度 日本鍼灸理療専門学校同窓会主催による学術講演会が、9月25日(日)花田学園講堂にて開催されました。今回の学術講演会は、「鍼灸のある地域医療構築の為に 神経内科専門頭痛外来での鍼灸治療」と題して、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 特任准教授・同大学医学部 神経内科 非常勤講師で鳥海鍼灸院 院長でもある鳥海春樹先生に講演を行って頂きました。
 
 鳥海先生は、平成9年に本校の本科を卒業されて、平成23年に慶應義塾大学大学院 医学研究科 博士課程を修了されました。さらに鍼灸院の院長として地域の医療に貢献されています。
 先生の専門は頭痛に関する研究と鍼灸外来です。頭痛の原因はまだ解明されておらず、先生の研究は現在世界から注目されています。その過去の研究成果から現在研究されている内容までを、鍼灸師の視点から、鍼灸の可能性を示していただき、実技を交えて3時間の講義が行われました。またこれからの地域医療に貢献できる鍼灸師が学ぶべき必要なものを先生の考え示していただき、本校の学術講演会でしか聞くことができない内容でありました。医学の最前線で活躍されている卒業生がいることはとても心強いです。

 今回の講演では、100名を超える同窓生・在校生が受講され、最後に多くの質問から時間を超過するぐらい明日の臨床に即応用できる有意義な講演会であったことを感じました。

 講演後には、鳥海先生を囲んだ懇親会も行われました。また同窓会山中会長、櫻井校長、教職員との再会、旧友との再会に盛り上がり、とても充実した伝統ある花田学園ならではの同窓会講演会でありました。