学校ニュース

2016年3月4日

東洋医学研究班学生研究員 研究発表で学内表彰されました!

 花田学園の東洋医学研究班(主任研究員:木戸正雄)は東洋医学の重要な診察法である“脈診”や治療法の研究を行っています。今回、研究の成果を『経絡治療』№204(経絡治療学会、2016年2月15日発行)に発表しました。タイトルは「脈診を初めてはじめる人のために⑰―四季の脈状の変化①(遅・数への影響)―」で、古典に記された季節の脈と現代の冷暖房の整った環境での脈のデータを集めて検討しました。
 3月3日(木)、この研究に1年から携わった3年の学生研究員に学内表彰がなされました。

 写真上から  1. 『経絡治療』№204 表紙
        2. 『経絡治療』№204 研究発表
        3. 学内表彰記念写真