学校ニュース

2015年5月28日

(公社)全日本鍼灸学会学術大会に参加しました!

 第64回(公社)全日本鍼灸学会学術大会が5月22日から24日までの3日間、福島県郡山市「ビッグパレットふくしま」にて開催されました。『今、鍼灸の復興を ~拓け未来、育め希望を~』をテーマとした今大会には全国から1400名の参加者が集い、熱気あふれる学術大会となりました。
 本校から櫻井康司理事長・校長、木戸正雄先生、小川一先生、光澤弘先生、川瀬明子先生、丸山広美先生、水上祥典先生、萱間洋平先生、武藤厚子先生が参加いたしました。一般発表では『経穴取穴に関する解剖学的構造の可視化及び3Dモデルの作製 MRI画像に基ずく大腰筋の描出と製造』(小川一先生)、『脈診訓練法の開発(第15報)-四季の脈状の変化(遅・数への影響)-』(光澤弘先生他)、『横浜市におけるあはき施術所マップ作成の試み 地域医療でのあはき治療活用機会拡大へ』(萱間洋平先生他)の3題の研究成果を発表いたしました。
 福島でおこなわれた「復興」をテーマとした大会、実行委員長の中沢良平先生は本校の昭和58年卒業生で福島県鍼灸師会の会長としてもご活躍されています。懇親会では櫻井理事長より中沢先生に労いの花束が贈られました。大会では本校卒業生や東京有明医療大学による多くの研究発表もあり、また、卒業生の一般参加者やスタッフとの出会いに、日本鍼灸理療専門学校の学び舎を誇りに感じる学会でもありました。

 第64回(公社)全日本鍼灸学会学術大会公式HPは⇒こちら
 
写真上から
 ① 会場にて
 ② 発表中の小川先生
 ③ 発表中の光澤先生
 ④ 講演中の萱間先生
 ⑤ 大会実行委員長 中沢良平先生に花束贈呈