学校ニュース

2013年11月11日

木戸正雄先生が東洋鍼灸専門学校学園祭(東鍼祭)にて講演を行いました!!

 日本鍼灸理療専門学校の教員である木戸正雄先生が11月3日(日)東洋鍼灸専門学校学園祭(東鍼祭)において講演されました。
 東洋鍼灸専門学校は、日本鍼灸の構築・発展に大きく影響を与えた柳谷素霊が1957年に創立した伝統ある学校です。また柳谷素霊は鍼灸臨床実践の貴重な著書を数多く残しています。その著書の中に、施術効果が特に高いツボを処方した『柳谷秘法一本鍼伝書』(1946年、医道の日本)があります。
 この『柳谷秘法一本鍼伝書』の施術法を木戸正雄先生は自身の長年の臨床から構築した『VAMFIT(変動経絡検索法)』(2006年、医歯薬出版)『天地人治療』(2009年、医歯薬出版)の治療システムの視点から『素霊の一本鍼』(2009年、ヒューマンワールド)として現代鍼灸臨床に応用されています。
 今回の講演では、その内容で、学園祭ならではの講演をされました。会場には、多くの学生や卒業生が来場し、盛況に行われました。講義と実技では、実際に学生が、木戸先生らが行う脈診の研究の一端に触れたり、VAMFITや天地人治療に積極的に治療モデルとなり、熱心に学ばれている姿がとても印象的でした。
 花田学園としても、今後の日本鍼灸の発展に貢献できる鍼灸師を教育・育成できるよう努力していきたいと思います。
 また、本講演にあたり東洋鍼灸専門学校の竹内校長をはじめ教職員・学園祭実行委員の学生の方には多大なサポートを頂きました。心から感謝申し上げます。有難うございました。

 なお、次回の木戸正雄先生の講演は、平成26年3月16日(日)東京都はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧師会主催 東京都委託施術者講習会「日本伝統鍼灸の真髄を学ぶ」
 テーマ「脈診の可能性~臨床への生かし方」が予定されています。