学校ニュース

2011年10月5日

同窓会設立30周年記念 学術講演会が開催

 10月2日は鍼灸同窓会主催の同窓会設立30周年記念学術講演会が開催され、第一部では本校卒業生で公益社団法人全日本鍼灸マッサージ師会会長 杉田久雄先生による「業団の問題と展望」と題する特別記念講演、第二部では経絡治療学会学術部長 池田政一先生による「古典鍼灸治療の実際」とのテーマで学術記念講演は豪華二本立てで行われました。
 杉田会長の講演では、普段では聞くことの出来ない業界の問題点を詳しくご講演頂き、業界が目指すべきところ、その中で私達が出来ることは何かを学ばせて頂きました。
 第二部の池田先生の講演では会場から患者をその場で募り、古典治療の実際を懇切丁寧に解説して頂きながら実技を披露して頂きました。脈診をはじめとする診察を中心に治療希望者の状態を的確に把握し、各々にあった証鍼を施し、愁訴がその場で消えていくのを目の当たりにしました。その後も治療を希望する人が後を絶たず、結果50人を超える同窓生が行列を作りました。業界でも第一人者である池田先生の臨床を肌で感じ、学ぶことが出来たことは、明日からの臨床の助けになるものでしょう。また、50人を超える人に対し適確な診断を元にてきぱきと施術を行い、呼吸一つ乱さない池田先生の姿は、治療家として目指すべき理想像であると感じました。毎日臨床に携わる同窓生をはじめ、学生参加者にとって、とても貴重な体験となりました。
 また、講演会後の懇親会では、全国から集まった同窓生が旧友や恩師との再会を楽しみ、いつまでも笑顔が絶えない懇親会でありました。
 30周年という節目を迎えましたが、これからも更に同窓会が発展することを祈りたいと思います。