学校ニュース

2010年8月6日

アスレティックトレーナー専攻科現場実習合宿

花田学園アスレティックトレーナー専攻科が、8月3日(火)~5日(木)、福島県白河関の里にて合宿を行いました。

初日、2日目はテニス、サッカー、野球について、競技特有のウォームアップ、アスレティックリハビリテーション、クールダウンを学生がグループごとに指導しました。
2日目の夕方は陸上の吉田真希子選手、佐藤真有選手に「走り方」を指導していただきました。キーワードは「グイグイ・ポンポン・ビュンビュン」。約2時間という短い時間でしたが、フォームがしっかり仕上がり、皆確実にスピードが上がりました。また、陸上選手の疲労部位など、競技特性を知ることができました。


~吉田選手・佐藤選手プロフィール~

吉田真希子選手 (ナチュリルアスリートクラブ所属)
専門種目は400m、400mハードル
2001年東アジア大会および2007年国際グランプリ大阪大会で4×400mリレーの4走を務め、当時の日本記録を樹立。2001年エドモントン世界選手権、2003年パリ世界選手権他、日本代表。

佐藤真有選手 (ナチュリルアスリートクラブ所属)
専門種目は200m、400m
2007年国際グランプリ大阪大会で4×400mリレーの1走を、また同年世界陸上大阪大会では4×400mリレー4走を務め、当時の日本記録を樹立。
北京五輪、ベルリン世界陸上日本代表選手。


夜のバーベキュー、スイカ割り、花火を楽しんだ後は宴会・・・・ではなく、講師の八木茂典先生による貴重な講義と実技指導の時間。白熱したトークは深夜まで止まりません。
最終日は東京有明医療大学の泉秀幸先生、笹木正悟先生が東京から駆けつけて下さり、現場での救急処置の実技指導をして下さいました。

 今年は多くの講師の先生方にご協力いただき、非常に充実した合宿となりました。また、スポーツを通じ学生同士の親睦も深まったことと思います。