学校ニュース

第24回(一社)日本柔道整復接骨医学会学術大会に参加しました!

 第24回 一般社団法人 日本柔道整復接骨医学会学術大会が新潟市の「朱鷺メッセ」新潟コンベンションセンターで、11月7日(土)・8日(日)の2日間にわたり開催されました。
 今年度は柔道整復師の「今出来ること・今すべきこと」という大会テーマで、大会会長をはじめとする講演や、会員による発表が行われました。花田学園(日本柔道整復専門学校・東京有明医療大学 柔道整復学科)からは下記の3名による3題が発表されました。

① 山口竜彦先生
「高校サッカー選手の股関節外転筋力と足関節捻挫の関連性」

② 飯野元先生
「柔道整復師養成学校における技術能力に関する客観的評価法の導入に向けての試み-シナリオを用いた評価における評価者間の一致率についての検討-」

③ 小柳祐華先生
「医療系大学生を対象とした柔道に対するイメージ調査」
一覧へ戻る