日本鍼灸理療専門学校ACUPUNCTURE PHYSICAL THERAPIST

東洋医学の伝統的な技術と知識、そして西洋医学の基礎知識を同時に学べるのが、本校の特色。
現代医学と連携し、チーム医療にあたることができるはり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師を育てます。
花田学園の伝統が築き上げた教育メソッドで、丁寧に指導します。

本科 (鍼灸あん摩マッサージ指圧科)

はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家試験受験資格

学 科 定 員 修業年限 曜 日 授業時間
第1部(昼間部) 60名 3年 月〜土 月・水 9:00~14:30
火・木・金・土 9:00~12:15
第2部(夜間部) 60名 3年 月〜土 月~金 18:00~21:10
土 15:00~21:10

※上記以外の時間に、臨床実習等を行います。

専科 (鍼灸科)

はり師・きゅう師の国家試験受験資格

学 科 定 員 修業年限 曜 日 授業時間
第1部(昼間部) 30名 3年 月〜土 9:00~12:15
第2部(夜間部) 30名 3年 月〜土 18:00~21:10

※上記以外の時間に、臨床実習等を行います。

INTERVIEW
学生インタビュー
学校での生活をご紹介

RYOICHI SAGAWA
佐川 遼一
本科 第1部(昼間部)

学生時代に野球や陸上をやっていて、将来はスポーツに関わる仕事をしたいと考えていました。「選手の活躍をサポートしたい」「ケガをしたときの選手の気持ちを支えたい」「身体を動かす仕事をしたい」と思うようになり、トレーナーや鍼灸師の先輩に相談したところ、多くの卒業生が全国や世界の舞台で活躍している花田学園を勧められました。
これまでは「しなければならない」から勉強をしていましたが、花田学園に入学してからは「知りたい」から勉強するようになりました。臨床の現場で活躍している先生が多く、より深く学ぶことができ、毎日が充実しています。
将来の夢は野球の本場であるアメリカ・メジャーリーグでトレーナーになることです。選手に寄り添い、何を真に必要としているのか、常に考え行動できるトレーナーを目指しています。

KOYUKI WADA
和田 小雪
専科 第1部(昼間部)

身体の不調に悩まされていた時に、鍼灸と出会い、施術の度に良くなっているのが実感できました。そのため、鍼灸を自分で勉強して見たいと思い、治療院の先生にも相談し、花田学園へ入学しました。
勉強は大変ではありますが、座学でも実技でも先生方は理解できるまで丁寧に教えてくれます。私がどんな質問をしても、分かりやすい言葉を選んで説明してくれます。
また、渋谷駅から学校までのアクセスも良く、専科の昼間部は基本午前で授業が終わるため、アルバイトと勉強の両立がしやすいのも魅力です。私は毎日学校とアルバイトがあって、忙しくても決まったリズムで生活をしているからこそ、時間の使い方も上手になったと感じています。
私と同じように身体の様々な悩みを持つ方の力になれるように、これから学力と技術の向上に努めたいと思います。